備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

酒をこよなく愛する方々の間で、「酒一筋」は高い評価をいただいています。数多くの酒の中から、なぜ「酒一筋」が愛されるのか――?「酒一筋」を、ある意味で一番良くご存知の方々に、「酒一筋」の味わいについて語っていただきました。

お便り
全 19件中6 件から 10 件を表示
酒蔵の梅ジャム
先日京王百貨店の酒売り場にて御社の製品を購入いたしました。

夫が岡山出身なもので、御社製品に好意を持って購入いたしました。

特に限定商品だった、梅酒の梅を使ったジャム(酒蔵の梅ジャム)が



大変おいしく、私は今妊婦でつわりが酷いのですが

これだけは程よい酸味とコクのある味があり、アルコールが

好きでも飲めない私の味覚を満足させてくれる大変ありがたい味のものでした。

先日食べきってしまい、もう一本と思って購入しに行ったところ

限定商品でないとの事・・・直接お伺いしてくださいとの店員さんの

お話でしたので、お問い合わせいたしました。

ぜひまだ在庫があるようでしたら購入したいと思って、連絡した

次第であります。宜しくお願いいたします。

Mさん(東京在住)





Mさん
 
 ありがとうございます!

 残念ながらお問合せ頂きました”梅ジャム”は京王百貨店

さんからのご依頼により製造したもので、手元には残っておりません。

(毎年、梅酒の梅の実を引き上げた時期にご依頼があれば製造

しております。)

この4月頃に梅の実の引き上げを予定しております。

皆さんからのご要望が多数あれば製造するかもしれませんが

現時点では、はっきりと決まっておりません。

手間と時間が掛かる為、どうしようかと思っております。

前回の梅ジャム製造時の様子は↓

酒蔵の梅ジャム 

酒蔵の梅ジャム

                          利守



全 19件中6 件から 10 件を表示
カナダから
先日、Tojo'sで白いボトルの大吟醸をいただきましたが、

それはそれは美味しかったです!!

いや~、これぞまさに至福といった時間でした。

おおげさでなくこころから感激する味でした。



酒一筋をいただきながら東條さんと利守さんの話をしました。

ほんといい方ですよねと。

 お酒も料理も作り手の人柄や心意気が現れるものですね。

また今度バンクーバーを訪れるときはぜひごいっしょに。

西澤律子

                        2007年8月


西沢様
 
 ”酒一筋”をお飲み頂きありがとうございます!

私を肴に酒を飲むと言うのは気になりますが・・・・

「○○○・・」とかそんな話が出たのでは・・・・ハッハハ

Tojoの皆さんははお元気ですか!?

次回は、是非ご一緒出来る事を楽しみにしております!

                             利守




全 19件中6 件から 10 件を表示
TOMOKO.Yさんからのお便り
先日「寒造り新酒/純米大吟醸しぼりたて 500ml」をいただきました。



本当に、美味しかったです。



今までにいただいたお酒の中で、一番美味しいと言っても過言ではありません。



我家は、お酒が大好きな家系なので、お酒はいつもいただいています。

家族でいただきましたので、500ml、あっと言う間でした。

いろいろな酒蔵から直送してもらったりしていますが、このお酒には、心底感動いたしました。

香りといい、口当たりといい、なんとも言葉では表現できない、透き通っていて、奥が深い、ほんとに、すばらしいお酒でした。

いつも、岡山市からこちらの美作に来る途中に、兄が酒一筋さんの酒蔵に寄って、お酒を買ってきてくれるのです。

岡山に来て以来、お酒は酒一筋さんのが一番と決めています。

すばらしい、赤磐雄町米と杜氏さんたちの丹精込めた手作りの成せる技ですね。

これからも、すばらしいお酒の為に、どうぞ頑張っていただきたいと思います。

季節限定品ということで、ますます気になり夢にでてきそうです。



皆さんに感動をあたえることの出来るお酒を目指してがんばって行きたいと思います。ありがとうございます。

全 19件中6 件から 10 件を表示
磯崎 哲也さんより~埼玉県在住

~ 知人から「酒一筋」を頂いて~



深海を思わせる瑠璃色、一見ワインボトルを思わせる。

ワイングラスで飲めそうな日本酒。若い女性に受けそうな外観だ。

これだけでも第一印象は強烈である。




酒の風味を保つために、いろいろと工夫をしてあるのか?と思いつつ封を切る。

「こういう瓶だから、それに合った猪口を使ってみれば?」というアドバイスに素直に従い、トクトクと「酒一筋」を猪口に注ぐ。猪口に口を近づけると、ほのかに甘い香りがする。



うまそうな酒だ!



ワクワクしながら、ひとくち口に含み、舌の上で転がしてみる。

甘さが口いっぱいに広がり、結構甘口の酒かな?と思いつつ飲み干すと、先ほどの甘さがサッと消え去り、辛口のすっきり後味が心地よい余韻となる。

新潟の「久保田」も美味しかったが、「酒一筋」の方が私には合っているように思う。子供が寝静まった後で、ゆっくりと味わいたい。



美味しい酒はチビチビ呑むことにしよう。


呑んで一句

瑠璃色の深海思う美味しい酒

深海の思い巡らす美味しい酒





何を呑まれたのでしょうか?

「懐古日本酒」or「酒一筋 純米大吟生」のどちらかかな。

口に含んだ時に広がった「甘さ」は「旨味」です。

これが「赤磐雄町米」ならではの「旨さ」なのです。



お手紙、ありがとうございました。

酒一筋賞として「備前焼 ぐいのみ」を贈呈致します。

全 19件中6 件から 10 件を表示
松本秀樹さんより ~埼玉県在住

お酒をたずねて、備前めぐり



宇野バスを降りると橋の向こうに白い壁と杉玉が見える。

橋を渡ると桃の形の欄干の向こう側から桃太郎が、よく見ると利守酒造の若旦那でした。





蔵の案内をしていただいて後、最後に案内された部屋で待っていると、杜氏の田村さんが登場。



公民館の茶碗のような大きな利き猪口でラベルの無い茶色のびんから、いくつかの酒一筋を注いでいただいた。

猪口に口を近づけると華やかな香りが鼻に飛び込んでくる。



口に含むと厚みのある味がいっぱいに広がりのどを過ぎるともう一度香りだけを残してすっと消えていく。

目を上げると田村さんの気迫と共に「どう?」と視線が聞いている。



「おっ美味しいです」それだけやっと答えながら、素晴らしいお酒を「美味しい」としか表現できない語彙の無さを深く深く反省しながら、心地良い酔いとともに「うまい、うまい」と小声でつぶやきながら飲む酒一筋であった。(ただの酔っ払い?)



当然帰りには、リュックいっぱいの酒一筋と備前焼の猪口を買って、埼玉のお山に帰りました。

先頭 戻る 次へ 最終
全 19件中6 件から 10 件を表示